読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ディズニー旅行記

ウォルトは神

【DLR2015】Part4 創造主と神の子

大人気アトラクションに乗れず夢の国から追い出されそうになった所で創造主に出会いました。

 f:id:sebastian_ogawa:20170329210836j:image

東京のは大人気で常に誰かしら居ますが、CAは割と近くでシャッターチャンスが狙えます。
あと漏れなくフォトパスカメラマンに絡まれます。
JALパックツアーの特典でフォトパスの人が撮った写真で、お気に入りの1枚をタダでA3サイズくらいのに現像してくれるサービスがあります。
普段我々夫婦が被写体になる事は好まないのですが、今回のツアーで吹っ切れて写真を撮りまくる事になります。
そんな覚醒話は翌日の出来事。

創造主への最敬礼(心の中で)を終えた後、パーク入場から初めてキャラクターに出会いました。

f:id:sebastian_ogawa:20170329210913j:image

やはり君でした。
神の子ミッキーマウスさんです。

アナハイムのミッキーさんは"東京のと違い"、時折瞬きをします。
ここは敢えて、半目状態を狙いたくなるのがカメラ小僧の宿命ですが、一度も捉えることが出来ませんでした。
むしろ瞬き情報知ったの日本帰った後な気がする。
次回への課題がまた1つ積み重ねられましたとさ。

神の子を良く見てると人間達にサイン攻めにあっているではありませんか。
そーいえば聞いたことがあります。
パークにはサイン帳なるものが売っており、手が不自由なキャラ(ダッフィ)だったり、キャラの性格を忠実に再現するため敢えて断る一部のヴィランズ(悪役)達を除けば、基本グリーティングの中で応じてくれます。

東京でもグリーティングなんて1度もやった事ないけど、サイン集めは面白そうだと思いました。
そこで適当なショップへ入り、ペンとサイン帳を購入。
折角なので60周年記念仕様のセットにしました。
写真はとってないのでネットで拾った画像で。

f:id:sebastian_ogawa:20170329211043j:image
これでいつでもグリーティング出来る状態が整ったので今日は満足しました。
現場にいたキャラクターがミッキーさんしかおらず、それなりの列になってたので、アトラクション巡りへ戻ることにしたのです。